EGR研磨

一般的な電解研磨が主として精密研磨を目的としているのに対し、当社の電解砥粒減面研磨(EGR)は当社独自の技術開発により大幅な減面を実現致しました。

従来の研磨の概念とは全く異なり、コストを抑制しながらも後工程の仕上げ研磨の品質を高める事が可能となりました。

EGR(電解砥粒減面技術)は東京ステンレス研磨興業独自のステンレス下地研磨技術で、環境負荷の低減・表面肌改善の効率化・表面肌の多様化等の面で注目されています。
(EGR=Electrolytic Grinding Reducing)

環境負荷の低減

  • 従来の研磨機の様な粉塵が出ない
  • 液・スラジも処理容器内で循環・回収
  • 強酸を使用することなくデスケーリングが可能で酸洗工程の代替技術としての役割に注目

表面肌改善の効率化

  • 熱延黒皮材に用いれば、ショット・酸洗・ベルト研磨工程の省略も可能
  • 後工程の仕上げ研磨の品質を高める

表面肌の多様化

  • EGRは1パスで約30μmの減面が可能
  • 酸洗肌を冷延材並みの表面粗さに平滑化が可能

耐食性の向上

厚目の表面皮膜の保護作用と孔食発生起点(介在物,ピット等)除去作用の相乗効果による孔食電位は1.5~3倍に向上

特許取得

特許第4878159号 「回転減面ヘッド、電解減面装置および電解減面方法」
登録日:平成23年12月

特許第4859538号 「ステンレス鋼板の製造方法」
登録日:平成23年11月

参考文献 1.

N.Hara, S.Souma, C.Dan, M.Arakawa, I.Itoh and I.Muto; Proc. of JSCE Materials and Environments, 2010,C-313, p381 (2010)
"Corrosion resistance of stainless steel EGR treated"

Synopsis: EGR (Electrolytic Grinding Reducing) attracts attention as easy descaling process for the hot rolled stainless steel. The materials EGR treated has smooth surface and also good corrosion resistance in neutral chloride environment.
The corrosion improvement will be considered due to synergism of both the protection action of surface film and the removal of pitting origin.

参考文献 2.

T.Kasai, M.Arakawa, S.Kusakabe, N.Hara and I.Itoh; CAMP-ISIJ, vol. 23, (2010) No.2, p 1313
"New Mechanochemical Descaling Method of Stainless Steel"

Synopsis: EGR is new and effective descaling method, by which a certain quantity of matrix including oxide scales is easily removed. The mechanism would be as follows: under-cutting and floating of scales are promoted by anode dissolution of matrix under defects(scales).
EGR has possibility to be replaced for several processes of shot-blast, pickling and surface adjusting polish etc..