沿革

  • 1951年 4月 東京ステンレス研磨興業所として東京都南千住で個人創業。
  • 1953年 2月 東京ステンレス研磨興業有限会社として法人化。
  • 1960年 9月 株式会社に組織変更し現在の称号となる。
  • 1962年 5月 福岡工場を福岡市内に建設。
  • 1963年 6月 札幌工場を子会社として設立。
  • 1966年 3月 坊山工場建設(現第一工場)。
  • 1968年 4月 市中の研磨業者として日本で初めてコイル研磨を開始。
  • 1978年 11月 千葉第二工場を取得。
  • 1985年 2月 千葉第二工場に母材・製品専用倉庫(在庫能力4千トン)建設し
    素材保管→加工→流通までの一貫管理体制を整備。
  • 1988年 3月 札幌工場を現在地(札幌市手稲区)に新築移転。
  • 1993年 5月 福岡工場を現在地(福岡県糟屋郡須惠町)に新築移転。
  • 1996年 3月 千葉第二工場に表裏同時研磨が可能な新鋭コイル研磨ライン(BG-3)を新設。
  • 2000年 7月 国際品質規格 ISO9002認証取得
  • 2002年 5月 国際品質規格 ISO9001:2000移行審査完了
  • 2004年 3月 本社を葛飾区白鳥から墨田区押上に移転
  • 2004年 4月 国際品質規格 ISO9001:2000札幌工場取得
  • 2004年 7月 千葉第二工場にスリッターライン 2号機(SL-2)を設備
  • 2006年 3月 札幌第二工場(西区発寒)取得
  • 2007年 2月 千葉第二工場の隣接倉庫を取得
  • 2011年 11月 特許第4859538号 「ステンレス鋼板の製造方法」
  • 2011年 12月 特許第4878159号 「回転減面ヘッド、電解減面装置および電解減面方法」